集中できない原因

勉強が好きな人は成績がいいというのは聞いた ことがあると思います。


勉強に集中できないと悩んでいるあ なたも
実は集 中力がないわけではありません。

テレビゲームをしている時、スポーツをしている時など
あなたが好きなこと楽しいことを している時などは
かなりの集中力を発揮しているはずです。


勉強に集中できない原因としては
ストレ ス、
不安、自信がない、体力 がないなども考えられますが、

一番の原因はそもそも勉 強をやりたくない
ということではないでしょうか?


人は好きな事には簡単に集中で きますが、
やりたくないこと、嫌いなことにはなかなか集中できませ ん。
だから勉強を好きになってください。ということではありません。

やりた くないことでも集中できる方法があります。


あなたが勉強を頑張っている理由は 何ですか?
成績を上げたい!合格したい!将来のために資格を取りたい!
いろいろあると思います。

やりたくないかもしれませんが、やらなくちゃいけない!
だからできるのです。

やりたくない事に集中するためには目標・目的・学習計画が 大切です。


目標・目的・学習計画

STEP1 短期的、中期的、長期的目標を立てる

○○学校に合格したいという目標は
あなたも持っているのではないでしょうか?
これは中期的目標です。

集中して勉強するために目標を立てるときには
中期的目標だけではなく短期的、長期的目標を立てることも大切です。

長期的目標とは10年後20年後どう なりたいかということです。
あなたはこれからいろんな経験を積み
この長期的目標は変わってくることもあると思いますが、

長期的目標を持つことで中期的、短期的目標の効果がアップします。

短期的目標は学習計画を立てるということです。

ただ思いつきで勉強していては
なかなか集中できるものではありません。
勉強をする前にしっかりと学習計画を立てることが大切です。


STEP2 目的を明確にする

中期的、長期的目標を決めたら
なぜその目標を達成したいのかその理由を明確にしてください。
たくさん見つかるはずです。

目標を達成したい理由が明確になることで行動できるようになります。


STEP3 学習計画を立てる

1年、1ヶ月、1週間、1日で
どれだけの問題集、どの分野を勉強するのか?
という学習計画をなるべく具体的に立ててください。

1週間の学習計画を立てるときのポイントは、
まず1日に勉強する教科は2つに決めて
予備日として1日予定を入れない日を作ります。

学習計画を決めても予定通り勉強できないときも
あると思います、その分を予備日に勉強するようにしてください。

そして1日の勉強計画では、
いつ何を勉強するかまで具体的に予定を立ててください。


STEP4 紙に書き出す

STEP1から3までを紙に書き出し勉強机など
あなたが毎日見るところに張っておいてください。

せっかく目標や目的を立てても頭で考えているだけでは、
目標や目的がブレてしまったり忘れてしまったりするのはあたり前です。

しっかり紙に書き出しそれを見ることで
学習計画を行動に移すことができるようになります。


STEP5 修正する

目標や目的はあなたがいろんな経験や知識を得ることで
変わってくることもあると思います。

そのときは修正すればいいので
あまり悩みすぎる必要はありません。

学習計画も同じです。


STEP6 タイマーを使う

具体的な学習計画に基づいて
タイマーを使い自分をマシーンのように管理してください。

タイマーを使うだけでかなり集中力を発揮できるはずです。
かなり強力な方法なので必ず行うようにしてください。


目標や目的を決めるということはあなたも聞いたことがあ るはずです。

しかし目標や目的を決めたとしても、
それを紙に書き出し毎日見ている人は
ほとんどいないのではないでしょうか?

学習計画を決めずに毎日、勉強机に向かっても
今日は何を勉強しようか迷ってしまい
結局マンガやインターネッ トに夢中になってしまいます。

知っているだけでは、意味がありません。

今日から学習計画を立てタイマーを使い勉強することで
迷いが 無くなり集中して勉強できるようになります。

必ず今すぐに学習計画を立ててください。


▼脳と集中力 へ